ポインセチア

query_builder 2023/11/04
観葉植物図鑑
26751154_m

クリスマスが近づいてくるとポインセチアがお目見えする季節ですね!


ポインセチアは、トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑低木で、メキシコ原産です。学術上の標準和名はショウジョウボクです。 ポインセチアの特徴は、茎の上にある葉が赤や桃色や乳白色に美しく色付くことです。この色づいた部分は、正確には苞(ほう)と呼ばれる葉の一種で、本当の花は苞の中心にある黄色い部分です。 ポインセチアは日が短くなると花芽ができる短日植物で、自然条件では10月下旬から花芽分化が始まります。そのため、クリスマスシーズンに店頭に並ぶポインセチアは、すでに花芽が形成されている状態です。



ポインセチアの花言葉は、


「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」などです。 ポインセチアは、クリスマスの定番の花として世界中で親しまれています。 ポインセチアの種類 ポインセチアには、赤や桃色などの定番の色だけでなく、白や黄色、ピンク、クリーム色など、さまざまな色の品種があります。また、花びらのように見える苞の形も、星形やバラ形など、さまざまな種類があります。


ポインセチアの育て方


ポインセチアは、日当たりと風通しの良い場所で育てます。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与え、鉢底から水が流れ出るまで行います。また、葉水をこまめに行うと、葉がきれいに保たれます。 ポインセチアは、寒さに弱いので、冬は室内で管理しましょう。 ポインセチアの花持ち ポインセチアの花持ちは、1〜2ヶ月程度です。花持ちをよくするためには、日当たりと風通しの良い場所で育て、水やりをこまめに行うことが大切です。 また、ポインセチアは、日が短くなると花芽が枯れてしまいます。そのため、長く楽しむためには、日当たりの良い場所で管理しましょう。 


クリスマスにポインセチアの販売を致します。

詳しくは下記ページからご覧ください。


クリスマスディスプレイ・お正月飾りの販売受付開始します。

NEW

  • 鶴見公会堂にてフラダンスの発表会でグリーンを設置しました。

    query_builder 2024/01/16
  • 今年もクリスマスに向けてポインセチアの設置をしました

    query_builder 2023/12/16
  • 関内ホールのフラダンスイベントで観葉植物を設置しました。

    query_builder 2023/12/07
  • お正月飾りの話

    query_builder 2023/11/28
  • ポインセチア

    query_builder 2023/11/04

CATEGORY

ARCHIVE