お正月飾りの話

query_builder 2023/11/28
ライフスタイル
正月飾り

今回はお正月飾りについて書いていきたいと思います。


お正月飾りには、それぞれに意味や由来があります。


門松

門松は、玄関に飾られる正月飾りの代表格です。竹、松、梅の三種を組み合わせて作られ、竹は長寿、松は繁栄、梅は新年を意味します。 門松の竹は、先端を斜めに切るのが一般的です。これは、鬼が登りにくいようにするためと言われています。また、門松は、正月7日まで飾るのが一般的です。


注連飾り

注連飾りは、玄関や家の周りに飾られる正月飾りです。稲藁や麻縄で作られた注連縄に、紙や金箔で作られた飾りを組み合わせて作られます。 注連縄は、魔除けや神聖な境界線を表すものです。また、飾りは、豊穣や繁栄を意味します。 注連飾りは、正月15日まで飾るのが一般的です。



玉飾り

玉飾りは、注連飾りや門松に飾られる正月飾りです。金や銀の丸い玉で作られ、魔除けや繁栄を意味します。 玉飾りは、正月7日まで飾るのが一般的です。


餅花

餅花は、床の間や神棚に飾られる正月飾りです。丸い餅を組み合わせて作られ、円満や豊かさを意味します。 餅花は、正月15日まで飾るのが一般的です。


輪じめ

輪じめは、鏡餅の周りに飾られる正月飾りです。赤い紐やリボンで作られ、縁起の良い色である赤で魔除けを意味します。 輪じめは、正月15日まで飾るのが一般的です。


床の間飾り

床の間飾りは、床の間に飾られる正月飾りです。鏡餅、羽子板、破魔矢などの飾りを組み合わせて作られます。 床の間飾りは、正月15日まで飾るのが一般的です。


座敷飾り

座敷飾りは、部屋の中央に飾られる正月飾りです。鏡餅、羽子板、破魔矢などの飾りを組み合わせて作られます。 座敷飾りは、正月15日まで飾るのが一般的です。


掛け軸

掛け軸は、部屋に飾られる正月飾りです。書や絵が描かれた掛け軸を飾り、お正月の雰囲気を盛り上げます。 掛け軸は、正月15日まで飾るのが一般的です。


生花

生花は、部屋に飾られる正月飾りです。菊や椿などの花を飾り、お正月の華やかさを演出します。 生花は、正月15日まで飾るのが一般的です。


神棚飾り

神棚飾りは、神棚に飾られる正月飾りです。鏡餅、榊、しめ縄などの飾りを組み合わせて作られます。 神棚飾りは、正月15日まで飾るのが一般的です。


羽子板

羽子板は、女の子の守り神である羽子板様を象った正月飾りです。羽根つき遊びが盛んだった江戸時代には、厄除けや魔除けとして飾られました。 羽子板は、正月15日まで飾るのが一般的です。


破魔矢

破魔矢は、男の子の守り神である破魔矢様を象った正月飾りです。魔除けや出世を願って飾られます。 破魔矢は、正月15日まで飾るのが一般的です。



お正月飾りは、日本の伝統文化の一つです。それぞれの意味や由来を知って、お正月の文化を楽しんではいかがでしょうか?
グリーンポケット東神奈川店では、門松やお正月飾りの販売をしております。ご購入のご案内はこちらからご覧ください。


クリスマスディスプレイ・お正月飾りの販売受付開始します。


NEW

  • 鶴見公会堂にてフラダンスの発表会でグリーンを設置しました。

    query_builder 2024/01/16
  • 今年もクリスマスに向けてポインセチアの設置をしました

    query_builder 2023/12/16
  • 関内ホールのフラダンスイベントで観葉植物を設置しました。

    query_builder 2023/12/07
  • お正月飾りの話

    query_builder 2023/11/28
  • ポインセチア

    query_builder 2023/11/04

CATEGORY

ARCHIVE